2010年05月11日

アレクサンドロス大王の神格化と天皇礼拝の謎

世界の神話が「シュメール神話」を起源とする共通した神話であるなら、世界の宗教の神仏は同一神という事になる。

51itLAFEuEL__SL500_.jpg

『アレクサンドロスの遠征と神話 興亡の世界史』(講談社)の著者・森谷公俊氏は、次のように述べている。

「アレクサンドロス大王の神格化はヘレニズム諸国で制度化され、カエサル、アウグストゥスを経てローマ皇帝礼拝へと発展、皇帝を頂点とした帝国全体を統合するための巨大装置となった」

では、アレクサンドロスの神格化は、東洋ではどのように発展したのだろうか。
加治木氏は『日本人のルーツ』の中で、このように述べている。

【歴山大王(あれくさんどろす)は日本に来たか】

――「都怒我阿羅斯等」は『日本書紀』に、たしかに日本へやって来たと書いてある。
しかし、ツルカルナインという仇名をもったアレクサンドロス大王は、インドから引き返して紀元前323年に死んでいる。
インド以東に来なかったことは確実である。
とすれば日本へ来たのは同じ仇名をもった別人だったことになる。
このことはアレクサンドロス大王のもう一つの別名「イスカンダル」が疑問を解いてくれる。
イス、イサ、イサナといった名は、シバ神の別名なのである。
となるとシバ神もまた二本の角をもった神であることが浮かんでくる。
いうまでもなく、大王のこの二つの別名はシバ大神の化身とでもいった意味の、敬称に当たるものだったのだ。
ここまで来ると「都怒我阿羅斯等」は、アレクサンドロスではなかったが、シバの化身といった名をもった、インド宗教にかかわりのある人物であった可能性は充分にある。
またイサナという名に視点を移せば、天照大神とスサノオノミコトの両親は、伊弉諾、伊弉冉の二神であって、イサナ王とイサナ女(め)と読める名である。
ここにもまたシバの大神と同名の神々が実在するのである。
毎日新聞学芸部長の岡本健一氏は、アレクサンドロスと『記・紀』の伝承とを照らし合わせて、大量の関連があることを立証した論文を、雑誌『歴史と旅』(昭和52年5〜6月号)に「アレクサンダー伝説と古代日本」という表題で連載、実に大きな関連性があることを考証している――


そして、 『旧約聖書』の絶対神「ヤーヴェ(ヤハウェ)」は、「シヴァ(シバ)」の名が変化したものだという。
この辺りの事は、別の機会に詳述する。

20070915180611.jpg

日本のアレクサンドロス伝説の真相について、引き続き、加治木氏の解説を見てみよう。

【牛頭天王とスサノオノミコト】

――牛頭をもった神が、ヒンドゥのシバ大神であることは、世界の学者が認めている。
その神像はすでに6000年前のインダス文明期に、印章に彫られてモヘンジョダロから出土している。
このことから、私たちが考えるスサノオノミコトと牛頭天王が同一人物でないことは、はっきりしたと思う。
スサノオノミコトは今すこし後世の人物をモデルにしたところがある。
八俣大蛇退治がギルガメシユ神話をうけついでいることはすでにみた。
しかしギルガメシユが二本の角をもっていたという話はこれまで見つかっていない。
ところが、はっきりした実在者で、二本角のある人という仇名をもった有名人がいる。
それはアレクサンドロス大王である。
彼はツルカルナイン(二角人)という愛称で呼ばれ、実際に角の生えた肖像を銀貨などに残している。
彼が紀元前327年にインドに遠征して、ナンダ王朝を滅ぼしたのは周知のことで、その5年後にマカダ王国がインドに誕生した。
マケドニア出身のアレクサンドロスとマカダの名は無関係ではあり得ない。
『日本書紀』は崇神天皇の時、ツヌカアラシトという王子がやって来たと書いている。
これは「角がある人」と読め、<カ>と<ア>をくっつけて読むと「角カルニン」とも読める。
朝鮮の人は<ラ行>を<ナ行>で発音するから、<ツヌ>は<ツル>だったとすると「ツルカルナイン」とほとんど同名である――


imagesCA68MMS6.jpg

「ツルカルナイン」というアレクサンドロスの愛称は、日向族の「卑弥呼=アマテラス」と出雲族の「スサノオ」に受け継がれた。
彼らは天皇家の祖であり、日本神話で「神」として扱われている。
アレクサンドロスの神格化は「ローマ皇帝礼拝」、「イエス・キリストの神格化」に発展した。
一方、日本では「天皇礼拝」となっていたのだ。
posted by 夢蛇鬼 at 10:12| Comment(6) | 伝説の世界天皇と王位争奪戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
世界の神話の起源がシュメール神話であるならば、世界の宗教は同一神・・・有難う御座います。
「アレクサンドロス大王の神格化は・・・帝国全体を統合するための巨大装置となった」

しかし閣下、シヴァ神の画像・・・パロディってませんか?
何か、顔と体つきに違和感を感じるのですが・・・^^;
Posted by オクト at 2010年05月11日 20:58
シヴァの顔、何か見たことあるけど誰かわかりません^^;
Posted by 夢蛇鬼 at 2010年05月12日 00:38
坂東英二かもしれませんね〜^^
(千葉真一みたいな顔ですが・・・)
Posted by オクト at 2010年05月12日 09:19
きっと、シヴァ真一ですね(笑)
Posted by 夢蛇鬼 at 2010年05月13日 05:33
シヴァ神一(◎o◎)・・・判っててチョイスしたのですか。
さすが坂東英二ファンの閣下!!
Posted by オクト at 2010年05月13日 10:44
言われるまで気が付きませんでしたよ^^;
別に坂東英二ファンぢゃないっす(><)
Posted by 夢蛇鬼 at 2010年05月14日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。