2010年03月31日

出雲族と日向族の対立

izumo%20taisha-00.jpg

前述の通り、一般的には「国津神は天津神に封印された」とされている。
この見解として、「日本列島の先住民が天孫族に封印された」とする説があるが、これは適切な表現ではないことを説明した。
また、これを「出雲族が日向族に封印された」とする説があり、これも正しいものの「国津神=出雲族」「天津神=日向族」という定義は間違っている。

『国津神』は日本列島の先住海人族(倭人)及び彼らが信仰していた神であり、『天津神』はパミール高原から天降った「出雲族」と「日向族」及び彼らが信仰していた神である。
そして、天孫族である「出雲族」と「日向族」は共に、『国津神』を併合したが、「出雲族」と「日向族」の間で衝突が起きたというのが真相である。
詳細は順を追って述べるが、「出雲族」の中にも「日向族」の血統があり、「日向族」の中にも「出雲族」の血統があることにも注意したい。

さて、出雲族と日向族は、最初に沖縄地方で合流した可能性があると私は見ている。
当時は、東日本列島と西日本列島が分断していたことを思い出して頂きたい。
少し具体的に言えば、東日本列島と西日本列島の接点は、熊毛を含む琉球古陸及びフィリピンだったと思われる。
その倭人(海人族)の文明圏を中心として、「日向族」は九州地方、 「出雲族」は出雲ではなく北海道及び東北地方を拠点にしたと考えられる。
もっとも、先述の通り、日本列島全域に倭人は分布していたのだが……。

「毛人は日向族に抵抗を止めて順応した」とする説があるが、この日向族に服従した「毛人」こそが「熊襲」だったのかも知れない。
加治木義博氏の言うように、「熊毛」が日向族の最初の「高天原王朝」だとすると、その可能性は十分ある。
また、「毛」の付く地域は毛人(エドム人)が定着した地域だったと考えられる。
改めて述べておくが、エドム人はイスラエル民族の兄弟であり、ヒッタイトと融合した民族で、「先住出雲族」として紀元前1000年頃に日本列島に上陸した部族である。

o0620046510382538343.jpg

紀元30年頃の日本列島のデータでは、北海道と東日本列島が西日本列島に急接近しているが、西日本は九州を北とし、東日本列島は青森県を南にしたままだった。
毛人の中でも、日向族と最後まで協定を結ばなかったのが、青森県を拠点にしていた「蝦夷=アイヌ」と呼ばれる部族であろう。
そして彼らは東北地方に広がり、宮城県に王朝を開いた。

『秀真伝』は出雲族系の「大物主櫛甕玉命(オオモノヌシカタマノミコト)」、その子の「大直真根子命(オオタタノコノミコト)」が編纂したと伝えられているが、これを『記紀』に対比させると、『秀真伝』は紀元1世紀頃に編纂されたことになる。
『秀真伝』の特徴は、日本神話の舞台である「高天原」を東北地方(宮城県)の「日高見国」としている点である。
『日本書紀』によれば、「日高見国」は蝦夷の国だとされ、アイヌ語で「ヒタカミ」は「小森林のある所の盆地」という意味を持つ。
やはり蝦夷はアイヌ人であり、南方系の海人族だったことが分かるが、恐らく「出雲族」が彼らを併合し、「出雲族」による日本で最初の「高天原王朝」を築いたものと思われる。

アリオンによると「出雲族」と「日向族」は、「日本で落ち合った後、一致協力して日本を治め、人類の進化と文化の降盛を促す手はずを整えていた」という。

「出雲族」と「日向族」が一致協力して日本を治めることがどれだけ重要なことかは、宗教研究家の浜本末造が答えている。
浜本説によれば、ニギハヤヒ(出雲族)は「世界の王の魂」を持った御尊体で、ニニギ(日向族)はその魂を受肉して世界を治める「現人神」だという。

img_1557476_35848227_0.jpg

ところが、日向族は出雲族との協力を拒み、出雲族が保持する皇位継承の証「十種神宝」の引渡しを要求してきた。
そこで出雲族と日向族が衝突し、日本の歴史の根源的な歪みが生じて、後世にも様々な悪影響を及ぼすようになったらしい。
出雲族と日向族の皇位争奪戦は、ヒッタイト帝国の王位争奪戦を彷彿させる。

また、「いくつかのグループの内、2つのグループが日本に入ってきた」ということは、イスラエル10支族の内の2支族が日本に入ってきたという見方もできる。
超能力ベラのリーディングでも、「失われた10支族の内、2〜3部族が日本に来ている」という。

だが、古代史研究家の水上涼氏が家紋を研究したところ、イスラエル12支族の全てが日本に渡来していることが判明し、著書『ユダヤ人と日本人の秘密』(日本文芸社)の中で詳細に解説している。
とすれば、「出雲族」と「日向族」の対立は、イスラエルの「10支族」と「2支族」の対立とも無関係とは思えない。
イスラエル共和国の再建まで、ユダヤ人は国を持たない放浪の民と言われてきたが、実は古代日本列島に民族移動し、世界で最も古い歴史を持つ「日本」という国の建国者だったのだろうか……。

次は少し路線が外れるが、少しユニークな仮説を発表したいと思う。
posted by 夢蛇鬼 at 05:34| Comment(2) | 天孫降臨と建国神話の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご尊体と現人神ですか・・・・
超常現象は何かを伝えようとしているのですが、浜本末三氏の説に沿っているような気がします。
この二重構造が諸悪の根源なのですか?
続きを楽しみにしています。
Posted by 木花咲夜 at 2010年03月31日 23:12
確かに浜本説は見逃せないですね!
諸悪の根源は…太子だと思うんですよね。。。
Posted by 夢蛇鬼 at 2010年04月02日 03:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。