2010年03月30日

日本の高天原と天孫降臨の謎

『記紀』による「天孫降臨神話」では、天照大神の神勅により、邇邇芸命(ニニギノミコト)が高天原から日向国の高千穂の峰に降臨し、これが天皇家の祖先だとされている。
だが、これとは別に、天照大神の神勅により、ニギハヤヒノミコトが天磐船に乗って、河内国(大阪府東部)に天降っている。
アマ族が「パミール高原」から日本列島を目指して出発したのが、日本神話が伝える天孫降臨だと言えよう。
勿論、ここではパミール高原が「高天原」となる。

パミール高原と連なる山脈に天山があるが、パミール高原の「高原」の間に天山の「天」を入れると「高天原」となるのは無理矢理だろうか。
尚、パミール高原と天山山脈に囲まれたキルギス共和国は、日本人のビザ不要の中央アジア屈指の親日国らしい。

そしてキルギスの国旗も、何と太陽である。
kyrgyz.jpg

アリオンはこう教えている。
「アマ族は人類の進化を促し、真の繁栄に導くことを目的に、紀元前3〜2世紀にパミール高原を旅立った」

そして、いくつかのアマ族のグループの内、2つのグループが陸路と海路に別れて、最終目的地を日本列島にした。
便宜上、陸路グループを「日向族」、海路グループを「出雲族」と呼ぶが、恐らく、日向族の祖先が「徐福」で、出雲族の祖先が「エドム族」と言えるだろう。

何故、日本列島を最終目的地にしたのか。
国常立尊が、トルコから日本列島に移動したからである。
即ち、ヒッタイト帝国時代、ポールシフトによって地球の霊的磁場の中心が、日本列島に移動したということだ。
「国常立尊」とは何か、「霊的磁場」とは何か……機を改めて解説するが、「マグマ」のことだと解釈してもらえば良い。

アリオンのチャネラー・北川氏も、次のように述べている。
「活火山の多い日本列島こそ、人類の進化と活性化に適した特殊な磁場を持つ地域であるという観測が、当時のアマ族によってなされていたらしい」

ブルガリア政府公認の超能力者ベラ・コチェフスカも、このように言っている。
「日本は地球のヘソのようなもので、宇宙エネルギーを最もストレートに受ける特別な聖地」

03694x.jpg

これが神界での出来事であり、それがタイムラグを経て人間界に移写されたのが、天孫族の日本列島渡来だと言えるだろう。
天孫族は現人神であり、神名で呼称されている。
ここで再び『宮下文書』に目を向けると、中央アジアの恐らくパミール高原から、「クニトコタチ」と「クニサヅチ」が率いる集団が、陸・海ルートで富士山を目指して日本列島に上陸した。

最初に到着したのはクニサヅチで、父タカミムスビと共に富士山麓に高天原王朝を築いた。
クニトコタチのグループは、京都府丹波で西日本を治めることになったが、後に富士高天原で合流した。
また、『秀真伝(ホツマツタエ)』によると、ニギハヤヒが仙台地方の『日高見高天原』から鹿島経由(海路)で難波に移り、更に大和のイカルガ峰に天降ったとされている。
そして、ニニキネノミコト(ニニギノミコト)は筑波山麓に降臨した後、富士山麓に移り、その後、筑紫の高千穂の峰に降臨したという。

その他、日本各地に様々な高天原説が存在するが、いずれも天孫族の原郷ではなく、日本列島渡来後の定着地や移動先を指しているようだ。
但し、順番がまちまちでどれが本当なのか分からない。
恐らく、『古史古伝』に記されているルートは、紀元前10世紀頃から断続的に日本列島に上陸して王朝を築いていた、先住民の記録ではないかと思われる。

fujisan.jpg

北川氏の調査によると、紀元前3〜2世紀にパミール高原を出発したアマ族のうち、先に日本列島に上陸したのが日向族で、パキスタン→ネパール→中国の江南地方を経由して、博多湾沿岸に上陸したようだ。
一方、出雲族は、パキスタン→インド→インドネシア→東南アジアの島々を経由して朝鮮半島に上陸し、壱岐島から出雲地方に上陸したらしい。
この事は『日本書紀』にも記されており、スサノオは高天原を追放される際、新羅国(朝鮮)のソシモリに天降ったが、この地を不服に思い、土の船で海を渡り、出雲国に辿り着いたとされている。

但し、アリオンによれば、出雲族の族長は「スサノオの曾祖父」と「スサノオの父フツ」で、この時スサノオはまだ生まれていなかったようだ。
従って、『日本書紀』でいう「スサノオ」は、出雲族のことだと解釈して良いだろう。
また、ニギハヤヒはスサノオの第5子であり、「ニギハヤヒが高天原から河内国に降臨した」という『秀真伝』の記述は、パミール高原からの天孫降臨の話ではない。

そして、日向族の族長は「イザナギ」と「イザナミ」で、娘に「アマテラス」がいたという。
従って、『記紀』 が伝える「天照大神」は、日向族の「アマテラス」のことではないことになる。
では、日向族と出雲族を天孫降臨させた「天照大神」の正体は一体何者なのか。

7983e530.jpg

この時代、イエスはまだ誕生していない。
という事は、旧約神「ヤハウェ」のことだとも考えられる。
尚、「スサノオ」は、バアル(スサノオ)の受肉の現人神を意味し、スサノオと呼ばれる人物は過去に何人も存在しているようだ。
歴代のスサの王もそうだが、イエスや王仁三郎も「スサノオ」であった。
バアルはヤハウェと同一神であり、スサノオもまた「天照大神の受肉」だと言えないこともない。
ここで注意すべきは、アマテラスとスサノオは別人であり、イエスでもないということである。

北川氏は、日向族が上陸したのは博多湾沿岸だとしているが、博多湾から上陸して高千穂の峰に高天原王朝を築いたのだろうか。
成立当初の日向国は、鹿児島県も含まれていた。
この真相を探る為には、日向族が編纂した『記紀』を頼りにするのが最も信頼が置けるだろう。

日月神示では「高天原」を「タカアマハラ」と読ませているが、歴史言語学者の加治木義博氏によると、『古事記』では敢えて「コー・オマ・ゲン」と読むように注意書きされているという。
この部分は南九州より南の地域での歴史なので、oとeを除いた三母音の沖縄語で読むと「コー」は「ク」、「オマ」は「マ」で、「ゲン」を「ギヌ」と読むと「クマギヌ」となり、沖縄人であればすぐに「熊毛の」だと分かるそうである。

熊毛(クマゲ)とは、鹿児島県の南の海上にある、種子島と屋久島の離島地域を指す。
従って、日向族は高千穂の峰に降臨する前に、熊毛の島に上陸していたことになる。
現在は、種子島と屋久島のみを熊毛群と呼ぶが、「クマギヌ」が沖縄語だとすれば、奄美諸島や沖縄諸島も含まれていたと考えて良いだろう。
かつて、その辺り一帯に琉球王朝が栄えていたが、果たして、日向族との関係は如何に……。
posted by 夢蛇鬼 at 17:23| Comment(2) | 天孫降臨と建国神話の真相 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
閣下は何の予告もなく突然に改編されるから、神仙組の環境の激変に戸惑っていましたが、今夜は落ち着いて拝読できました^^
Vもまた高度な内容なので恐れ入るばかりです。私の超常現象もイエスあるいはキリストのアイデンティティの解明にあるみたいで、特に天照大神が磔刑のイエス=キリストであるかどうかは日本民族に投げかけられた最大の難問のようですので、閣下に期待しています。
沖縄がWWUにおいて本土防衛のための犠牲になったのは、日本霊界的に象徴的な意味のあることのように感じています。
原爆の投下地が広島・長崎であったことも、何か意味があるのかもしれない・・・と感じてはいますが、まだ解けていません。
Posted by オクト at 2010年03月30日 23:11
突発的にVを開設して自分でも戸惑っています^^;
天照大神の受肉は沢山いて、イエスもその一人です。
広い島と長い崎・・・確かに暗示的ではありますね。。。
Posted by 夢蛇鬼 at 2010年03月31日 03:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。